保険の利用と被害者への対応

示談交渉を進めるにあたり、多くのケースで利用されることになるのが、加入している任意保険サービスです。任意保険サービスは、単に交通事故を引き起こしてしまった時に発生する損害賠償金や慰謝料などのお金の保証をしてくれるだけでなく、これらのお金がいくら発生するのかという事故対応や示談交渉の手助けも行ってくれることになります。相手も任意保険に加入している場合には、相手の保険会社と示談を進めることになり、事故が発生した経緯から精査します。損害を金額に換算、過失の割合や事故の状況によってどちらがいくら負担すべきかを交渉した上で事故を解決していきます。したがって、人保険サービスを利用していれば、示談での解決に必要となる手続きや業務のほとんどを代行してくれることになるため、手間も省けて楽に解決することが可能になります。

しかしながら、全てを保険会社へと丸々投げてしまうことは、あまりよくはありません。というのも、明確に加害者、被害者が決まっているような事故のケースや、過失割合が多い場合などには、加害者は被害者に対してそれなりの誠意を示しておかなければ、話しがこじれてしまうこともあるからです。被害者と顔を合わせて挨拶をする程度は行っておいた方が無難です。