人身事故と責任、示談

車を運転中に人身事故を起こしてしまい、相手にケガをさせてしまった場合には、加害者は被害者に対してさまざまな法的責任を負うことになります。責任には刑事上の責任と民事上の責任、行政上の責任の3種類があり、それぞれの責任を果たすことによって、事故が解決へと導かれることになります。民事上の責任や行政上の責任は、損害賠償や慰謝料、運転免許関係の行政手続き及び処分ということになりますので、比較的分かりやすいものになります。刑事上の責任は、場合によっては裁判まで発展してしまう可能性もありますので、人身事故の場合には特に注意が必要となります。

事故が発生した時に、当事者間、あるいは当事者が加入している任意保険会社の間で交わされることになる話し合いのことを指します。交通事故の9割はこの示談によって解決されており、残りの1割が裁判所の力を借りることによって解決へと導かれます。裁判所の力を借りるまでに発展してしまうと、加害者にとって不利の条件での解決になってしまう可能性もあります。解決までの時間が延びてしまうことにもつながり、デメリットも多いため、できれば示談にて解決してしまうのが望ましいと言えるでしょう。示談によって解決を図るためには、上記の責任の内、民事上の責任が果たされていることが必要となり、示談は損害賠償金や慰謝料などの金額の最終決定の場であると言えます。当サイトでは、示談での解決を図る上で必要となることを紹介していきます。